足のニオイ対策について

足の裏はエクリン腺と呼ばれる汗腺が集中していますので、においを発症させる環境にあります。

足に住んでいる雑菌は、高温多湿を好みます。温度35~42℃で湿度は高いほど繁殖しやすくなるので、靴の中は雑菌にとって最高の環境です。
雑菌は快適な環境で汗や皮脂など、体から出る栄養を食べ、悪臭成分を生み出します。「また、ふつうは汗自体に悪臭はないのですが、疲れてくると、身体の内部から出たアンモニアが溶け出す場合があります。こうなると汗だけでも嫌なにおいが発します。
1日歩いてむくんだ足などからも、この「疲労臭」が発生します。足の嫌なにおいは、とても複雑なのです。においやすい靴なら、昔からある「10円玉を入れる」は有効蚊も知れません。金属イオンが悪臭成分を中和し、菌の繁殖を抑える効果もあります。また 足が臭くなってしまったら、強めのシャワーで洗ってください。石けんをつけたり、ゴシゴシこすらなくても大丈夫です。指と指の間とつめをきちんと細部まで洗いましょう。。胸・背中の汗,【ボディサラミスト】

筆者について

user30135

記事を表示 →